1.なぜネパールなのか?
縫製訓練
縫製訓練

 ネパールは、ヒマラヤ山脈と接する国家であり、山岳地形の中にある国です。また、内陸国家でもあります。そのため、農地になる土地は少なく、また、海に面していないことから工業の発展に制限があります。それでも、首都カトマンズでは、サービス業を中心に起業が盛んに行われており、日々経済成長を肌に感じることできます。しかし、一歩首都をでれば、昔ながらの農業を中心とする生活が営まれており、また、家父長制の名残を強くしているため女性は弱い立場に置かれてます。

 このような状況下で、女性たちが技術を身に付け自立することは重要なことです。女性の経済的な自立は、弱い女性の立場を救うことになります。そこで、自分達の作った日用品や衣類を市場等で売ることができるようになることは大切なことです。

2.ネパールでの活動
手刺繍訓練
手刺繍訓練

 IV-JAPANの訓練では、女性たちに、1年目には、小さなバッグや食器洗いニット、鍋敷きやコースターといった簡単な日用品の作り方を教えます。2年目には、訓練に参加した女性全員がニットセーター、サリーのブラウス、クルタ(襟無しのワンピース)、シャツ、ズボン、スカート、肌着、子ども服などの衣服を作り方を教えます。村内の市場で販売できるような衣服・日用品の製作が可能になれば、女性たちの経済的自立促進の一助となります。
 また、衣服や日用品の縫製の職業訓練に加え、藁やトウモロコシ皮のマット(座布団)など、伝統的なハンディクラフト製品作成の技術の指導も行っています。村の女性たちが、失われつつあった伝統工芸品作成の技術を習得することができるだけなく、これらの製品は村の外の市場での販売ができるようになります。村の中だけでなく、村の外からの収入源も獲得することができるようになることは女性たちの大きな自身につながっています。

3.訓練生からの声

近日中に公開予定です。しばらくお待ち下さい。