IV-JAPANは、主に次の国で活動を行っています。

1.日本

・国際交流プロジェクト
 日本では、グローバルフェスタなどの国際協力イベントで、出展を行いラオスやネパールなどでの活動やそれぞれの国の文化や社会を紹介しています。また、ラオス料理教室などを主催し、日本と外国を結び役割を担っています。

国内の活動

2.ラオス

・職業訓練プロジェクト
 ラオスでは女性の自立を目指して縫製・美容・調理の職業訓練支援を長年に渡り行ってきています。この他に、男性に対しても職業訓練が必要だということで家具作りの訓練支援を、ラオスで新しい職業の掘り起こしという点からホスピタリティー・介護関連の職業訓練を開始しました。

・学校建設プロジェクト
 これまで小学校や職業訓練所の建設を行ってきています。

・マイクロ ファイナンス ローン プロジェクト
 職業訓練の受講者の多くは貧困家庭の出身です。彼女たちが卒業後、起業することができるようにミシン等の購入や、美容院の起業資金、木工家具工房の起業資金を11万円を限度に貸し出しています。ローン審査には 上級コースで習得した起業計画や返済方法などの書類審査と面接を行っています。

・奨学金支給プロジェクト
 職業訓練の学費等を支払うのが難しい訓練生に対し、「カノック奨学金]や6か月間の生活費も支給される「チャンパー山の民奨学金」を支給しています。貧しさを理由に職業訓練の機会が奪われないように努めています。

3.タイ

・奨学金支給プロジェクト(1990年~2019年までで終了)
 受刑者やその家族の福祉、社会復帰の手助けをしているピブン福祉財団を通して奨学金を支給しています。子どもの半分の親は、ほとんどがドラッグの売人か使用の罪で服役中です。この他に、チェンライ県のモン族の子どもたちにも支給しています。

4.ネパール

・職業訓練プロジェクト
 2015年のネパール中部地震以来、女性の自立を目指し縫製などの職業訓練を行っています。

木工機械整備指導
木工機械整備をアドバイス