毎年、 タイでは、ピブン福祉財団とタイのガールガイド連盟を通し,40 人の必要な子どもに奨学金を支給しています。子どもの半分の親は、ほとんどがドラッグの売人か使用の罪で服役中です。半分はチェンライ県のモン族や山岳民族の子どもたちに支給します。
 ※ピブン福祉財団は受刑者やその家族の福祉、社会復帰の手助けをしている団体です。

奨学金授与式
奨学金授与式
タイの奨学生
タイの奨学生