IV-JAPANの主な活動履歴

◆ 1988年
5月、代表・冨永幸子が、1980年~1981年に タイに滞在中に、タイ・ガールスカウトの活動に参加し、その間に学んだ開発援助と開発教育の実践のため、先ず地域の賛同者を集め、「国際ボランティアの会」を設立

◆ 1989年
4月、「第1回・世界盆栽大会」(大宮中心)にて、会員が通訳等のボランティアで活躍
11月、日本の成人向けに「第1回タイ・スタディツアー」実施

◆ 1990年
2月 タイの農村にショベルカー2台ほか寄贈
4月 タイ農村部の子ども達の中学就学率(20%)を上げるため、奨学金を贈る運動を開始。その後、都市部の恵まれない小学生や受刑者の子弟たちまで、対象を広げる
8月 日本の青少年向け「第1回タイ・ワークキャンプ」実施

◆ 1990年~97年
タイ東北部スリン県において、農村開発(図書館建設、トイレ建設、なまず養殖、縫製訓練)、県都でのスラム開発・職業訓練など実施。その間、「タイ・ワークキャンプ」9回、「タイ・スタディツアー」11回実施

◆ 1994年
3月、冨永代表初めてラオスを視察。ビエンチャン、シェンクアーンを訪問。ビエンチャン市パワー小学校寄贈(第1号)

◆ 1993年、94年、96年
在住外国人のための交流・情報提供などを目的として大宮市内の小学校校庭を借りて 「国際交流スポーツ&ピクニック」を実施

◆1995年
1月 大宮市再生自転車75台、信越ポリカタフ屋根材500枚をラオスに寄贈
2月 「さいたま国際協力フォーラム」を他団体に呼び掛けAPICと共催、事務局を引き受ける
4月 ラオス・シェンクアーン県カム郡にて、山岳民族生徒寮&トイレ棟建設
9月 「小椋佳チャリティ音楽と講演の夕べ」(大宮市民会館)実施

◆1996年
3月 シェンクアーン県カム郡にて小学校建設
6月 「みんなの集い」<共に生きるために>~私たちに出来ることは?~十字屋ホール(東京・銀座)にて実施
8月 大宮再生自転車67台、信越ポリカタフ屋根材500枚をラオスに寄贈
9月~12月 シェンクアーン県カム郡にて「ラオス山岳民族女性のための職業訓練所&寮」建設、(郵政省国際ボランティア貯金助成)

モン族の人々
モン族の人々

◆1997年
1月 ラオス山岳民族女性のための職業訓練(縫製・織物)及び識字教育開始、2001年度まで6年間継続(郵政省国際ボランティア貯金助成)
3月 「国際ボランティアの会・タイ財団」設立
7月 冨永代表ラオス・ビエンチャン市に常駐開始
9月 「加藤登紀子チャリティ・コンサート」(大宮市民会館)実施
10月 シェンクアーン県代用教員養成プロジェクト実施。2000年度まで継続
10月 冨永代表、タイ内務省推薦、タイ国王より勳4等ディレーククンアポン受賞
10月~12月 ラオス・シェンクアーン県ノンヘト郡にも「ラオス山岳民族女性のための職業訓練所&寮、トイレ棟」建設

◆1998年
1月 ノンヘト郡職業訓練開始、2002年度まで5年間継続
8月 「第1回 ラオス・ワークキャンプ」実施。以後、毎年1回夏実施
8月 ビエンチャン市内ナーサイ小学校にトイレ棟建設
10月 「第1回 ラオス・スタディツアー」実施、「日本文化ショー」をラオプラザホテル及び国立図書館で実施以後、毎年1回秋実施

◆1999年
3月 十字屋ホール(東京・銀座)にて、「みんなの集い」<ラオス文化ショー>実施
8月~11月 ラオス・ビエンカム小学校建設、第2号(建設職業訓練小学校建設第1号、以後学校建設は職業訓練で実施)
12月 日本事務所 E-mail・インターネット開始

◆2000年
12月~2000年2月 木工家具職業訓練所兼倉庫建設
12月~2000年8月 ビエンチャン職業訓練センター建設
3月 ラオス事務所もE-mail・インターネット開始
4月ホームページ開設
2月~5月 ラオス・シーダムドゥアン小学校建設 (第3号)
7月 「第1回ラオス青年民族舞踊団・日本公演」(千葉市・東京銀座・大宮市)実施
8月 ビエンチャン職業訓練センター事務所開所
11月 ビエンチャン職業訓練センター開所式
12月~2001年4月 サヤブリ県ヤイ村小学校建設(第4号)

◆2001年
3月 倫理研究所「第4回 地球倫理推進賞」受賞
4月~7月 ビエンチャン職業訓練(第1回・木工家具コース)実施
7月 「第2回ラオス青年民族舞踊団・日本公演」(岐阜市・神戸市・芦屋市・大阪市)実施
11月~12月 ビエンチャン職業訓練(第1回・調理コース)実施
 

モン族の子どもたち
モン族の子どもたち

◆2002年
2月~3月 ビエンチャン職業訓練(第1回・理美容コース)実施
4月(15日間) JICAによるNGO技術者派遣事業により縫製・織物専門家をラオスに派遣
5月~6月 ビエンチャン職業訓練(第2回・木工家具コース)実施
6月末~7月初め 「第3回ラオス青年民族舞踊団・日本公演」(名古屋市・刈谷市・東京水道橋)実施
7月~9月 ビエンチャン職業訓練(第2回・理美容コース/初級)実施
8月 フォークリフト1台ラオスへ寄贈
12月 郵政事業庁「With Your Love 冬の号」冨永代表インタビュー記事特集掲載

◆2003年 
1月~2月 ビエンチャン職業訓練(理美容コース/中級)実施
2月 国際ボランティアの会を法人化し、「特定非営利活動法人 国際協力NGO・IV-JAPAN」設立総会開催
3月 埼玉県国際交流協会ラオス訪問団75名、ビエンチャン職業訓練センター見学
7月 ラオス・シェンクアーン県「山岳民族生活改善のための村落開発」プロジェクト新規開始
7月 「第4回ラオス青年民族舞踊団・日本公演」(銀座十字屋ホール、川口リリヤ)実施
7月~11月 「高校生インターンシップ制度」により5名の女子高生を5回のプログラムに受入れ
9月 「第6回ラオス・ワークキャンプ」実施
9月11日 「特定非営利活動法人 国際協力NGO・IV-JAPAN」と認定される
9月~11月 ビエンチャン職業訓練(第3回・木工家具コース/初級・中級)実施
11月 「第5回ラオス・スタディツアー」実施

◆2004年
2月 斉藤タソモ小学校小学校落成式。斉藤加代氏他3名日本より出席
3月 木工家具機械1台ビエンチャン都教育局へ寄贈
4月~8月 ビエンチャン訓練職業(縫製、調理、理美容)JICA協力事業
5月 ラオスプロジェクト協定書更新会議開催
5月 三菱パジェロ1台ラオス事務所へ吉野喜美子理事と冨永幸子代表より寄贈
10月 ラオスプロジェクト報告、ラオス文化紹介(銀座十字屋ホール)

◆2005年
1月 全労災チャンパー小学校建設終了 受渡式に全労災埼玉県本部より3名出席
1月 東京ウィルライオンズ支援によるナーケオ小学校井戸建設
2月 シェンクアーン農村開発事業・オーストラリア専門家派遣団体(ABV)によりサン村で家畜飼育、果樹栽培、コンポスト訓練
4月~6月 ビエンチャン職業訓練(理美容、調理、縫製)実施  
5月 ラオスに於いて第8回日本文化紹介

ラオスにて日本の文化紹介
ラオスにて日本の文化紹介

◆2006年
4月 テレビ東京「関口知宏の地球サポーター」に当会ビエンチャン職業訓練所紹介
5月 ラオス人調理トレーナー2名(ノイ、ノック)日本へ招聘
6月 安達典生氏主催チャリティコンサート。募金箱を設置し、IV-JAPANへ寄付
8月 ノンドン村小学校建設。大阪ジャパンヨガカレッジ寄贈
10月~11月 ビエンチャン職業訓練

◆2007年
6月~2010年5月 ビエンチャン「就業・起業促進強化のための職業訓練(縫製、調理、理美容)」実施(JICA草の根パートナー事業)
6月 東京ウイルライオンズクラブ家具職業訓練基礎コース実施
6月~08年3月 ビエンチャン職業訓練に参加する遠隔地訓練生のための寮建設(外務省日本NGO支援無償資金協力)
8月~08年1月 青少年のためのスポーツ教育振興事業実施(彩の国さいたま国際協力基金事業)
11月 「第10回ラオススタディツアー」実施

◆2008年
1月 東京ウイルライオンズクラブ家具職業訓練コース実施
2月 「第11回ラオススタディツアー」実施3月 第10回日本文化紹介実施
  4月~6月 20周年特別事業(ラオス事務所員ルアン氏日本招聘事業、20周年記念報告会・レセプション、ラオス舞踊紹介事業)実施
4月~09年3月 ビエンチャン職業訓練(理美容、調理、縫製)実施(JICA草の根パートナー事業)
4月~09年3月 ラオス女子高生の自立のための職業訓練事業実施(彩の国さいたま国際協力基金事業)
4月~09年3月 職業訓練をかねた小学校建設カンムアン県(山梨ラオス友好協会)
4月~09年3月 シェンクアーン県農村開発事業(松島精一氏助成事業):学校トイレ棟建設
4月~09年3月 ビエンチャン職業訓練/上級コース日本語および日本料理指導者派遣(東芝国際交流財団助成事業)
10月~12月 木工職業訓練実施(IV自己資金、アサヌマ寄付)
11月 「第12回ラオススタディツアー」実施

◆2009年
4月~10年3月 ビエンチャン職業訓練(理美容、調理、縫製)実施(JICA草の根パートナー事業)
4月~10年3月 ラオス女子中等高等生の自立のための職業訓練事業(外務省NGO連携無償資金協力事業)
4月~10年3月 東京ウイルライオンズクラブ木工家具職業訓練実施
4月~8月 建設職業訓練を兼ねたチャンパサック県小学校建設(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター、㈱三菱ケミカルホールディングス
4月~10年3月 シェンクアーン県農村開発事業(オーストラリアDAP補助事業)ナーパイ村物産センター建設
4月~10年3月 井戸建設(水戸西ロータリークラブ)
11月 「第13回ラオススタディツアー」実施

◆2010年
2月~11年3月 ナーサイトン郡職業訓練(理美容、調理、縫製)(外務省NGO連携支援無償資金協力事業)

4月~5月 ビエンチャン職業訓練(理美容、調理、縫製)実施(JICA草の根パートナー事業)
6月 東京ウイルライオンズクラブ木工家具職業訓練実施
4月~11月 建設職業訓練を兼ねたパックサップマイ小学校建設(ダイエーグループ労働組合総連合会:オールセイフ―ユニオン)
11月 「第14回ラオススタディツアー」実施

◆2011年 
4月~12年3月 ナーサイトン郡職業訓練(理美容、調理、縫製)(外務省NGO連携支援無償資金協力事業)
5月~6月 木工家具職業訓練初級コース(東京ウィルライオンズクラブ)
12月~12年2月 ソクノイ村中学校に対する水道設備・トイレ設置工事、学校制度外教育開発センターに対する机・椅子等の備品整備(SIAさいたま国際協力基金対象事業)
8月~11月 東日本大震災アジア人被災者支援プロジェクト(中央共同募金会)
11月 「第15回ラオススタディツアー」実施

モン族の女性
モン族の女性

12月~2016年11月までの5年間事業 ビエンチャンVEDI職業訓練上級コース「短期職業訓練トレーナー養成のための職業訓練」(理美容、調理、縫製)実施(JICA草の根パートナー事業)

◆2012年
2月 ミズキ上級トレーニングセンター(OJT2)開所(伊藤裕子基金+水と大地と緑の会)

3月~13年2月 ナーサイトン郡職業訓練(理美容、調理、縫製)(外務省NGO連携支援無償資金協力事業)
4月~5年間事業 ビエンチャン職業訓練(理美容、調理、縫製)実施(JICA草の根パートナー事業)
6月、10月 短期木工家具職業訓練
6月1日~11月30日 シェンクアーン学校施設整備支援
11月 「第16回ラオススタディツアー」実施

奨学金の授与
奨学金の授与

◆2013年
4月~14年3月 ナーサイトン郡職業訓練(理美容、調理、縫製)(外務省NGO連携支援無償資金協力事業
4月~14年3月 小学校校舎増築及びトイレ設置事業

10月 「第17回ラオススタディツアー」実施
11月21日~12月17日 台風「ヨランダ」によるフィリピン被災地緊急支援事業

◆2014年

2月~17年2月 ナーサイトン郡職業訓練(理美容、調理、縫製)(外務省NGO連携支援無償資金協力事業
4月~5年間事業 ビエンチャン職業訓練(理美容、調理、縫製)実施(JICA草の根パートナー事業
4月~3年間事業 青少年の収入向上のための木工職業訓練(JICA地域提案型)
4月~10月 シェンクアン職業訓練所建設事業

4月25日ラオス事業開始20周年記念式典

4月~5月 対ラオス草の根・人間の安全保障無償協力にかかる本邦NGOによるフォローアップ事業(外務省委託事業/AAR共同受託)

5月~15年2月 アジア理解講座日本事務所(計10回)

8月~10月 アジア留学生インターンシップ受入(アジア・コミュニティ・トラスト)
10月 「第18回ラオススタディツアー」実施

15年1月23,24,31日 日本ラオス外交関係樹立60周年記念事業「着物ファッションショウ」実施

◆2015年
5月~6月 ネパール中部地震被災者支援事業を実施(@ネパール・ゴルカ郡、ジャパンプラットフォーム助成金事業)
10月 調理・縫製・理美容職業訓練トレーナーの短期トレーニングを実施(@タイ・ウドンタニ技術短大、JICA草の根パートナー型事業)
11月15日 同窓会レストラン「お多福」オープン(@ラオス・ビエンチャン都)
第19回ラオス・スタディツアーの実施

縫製コースの学生
縫製コースの学生

◆2016年
3月 職業訓練カリキュラム検定会議を実施(JICA草の根パートナー型事業)
4月~6月 ネパール中部地震被災者支援延長事業を実施(@ネパール・ゴルカ郡タクマズラクリボット村、ジャパンプラットフォーム助成金事業)
6月 水パイプライン事業 譲渡式(@ラオス・シェンクワン県タムスア村、伊藤裕子基金)
7月~12月 ネパール職業訓練・トレーナー養成コースの実施(@ネパール・ゴルカ郡タクマズラクリポット村、Yahooネット募金)
11月 短期職業訓練トレーナー育成のための職業訓練プロジェクトが終了(JICA草の根パートナー型事業)

◆2017年
3月 「青少年の収入向上のための木工職業訓練」が終了(JICA地域経済活性化特別枠事業)
5月14日 ラオス・タムスア村小学校ハンドオーバー式(伊藤裕子基金)
7月20日 埼玉アジアフォーラムに冨永がパネリストとして参加
8月~9月 第20回ラオス・スタディツアーの実施
11月 高岡万葉ロータリークラブ、文京学院大学にて出前講座
「チャンパ―山の民奨学金」新設
12月 ネパール教育改善事業を実施(@ネパール・ゴルカ郡タングリチョック村、彩の国さいたま国際協力基金助成金)

◆2018年
1月16日 「ラオス木工職業教育校におけるトレーナーの技能向上プロジェクト」がスタート(2021年12月までの4年間、JICA草の根パートナー型事業)
2月7日 「埼玉県グローバル賞」を受賞
6月2日 IV-JAPAN創立30周年事業報告会を実施(@資生堂美容技術専門学校)
8月~9月 「ラオスアタプー県サナームサイ郡水害被災者へ支援物資の配布」事業を実施(ジャパンプラットフォーム助成金)
12月 「パティスワラ村の女性収入向上のための職業訓練(手工芸)事業」を実施(彩の国さいたま国際協力基金助成金)

◆2019年
3月1日 「地方の女性・青年の就業促進のためのホスピタリティ・介護職業訓練事業」がスタート(2022年3月までの3年間、外務省 日本NGO連携無償資金協力事業)
6月~8月 木工トレーナー技能向上研修の実施(@ラオス・ビエンチャン都、JICA草の根パートナー型事業)
7月 中古救急車&消防車をラオスへ輸送(埼玉県国際交流協会、中古資機材リサイクル国際協力事業)
10月~12月 「パティスワラ村における作業環境の改善とトレーナー派遣による職業訓練の実施事業」の実施(@ネパール・ゴルカ郡パティスワラ村、彩の国さいたま国際協力基金助成金)
11月 ホスピタリティ・介護職業訓練センター完成(@ラオス・ナーサイトン郡、外務省 日本NGO連携無償資金協力事業)

◆2020年
3月ホスピタリティ・介護職業訓練スタート(外務省 日本NGO連携無償資金協力事業)